HOME ソリューション 製品情報 イベント ニュース ケーススタディ 企業情報 パートナー
spacer.gif spacer.gif spacer.gif
【タイトル】プレスリリース
spacer.gif
spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif
   

 

2004年10月6日
アイピーロックス ジャパン株式会社

翻訳資料:北米最大手の信用組合 WesCorpが
データベース・セキュリティ強化のためIPLocksを採用

“IPLocksのデータベース・セキュリティ監視システムにより、データベースに対する脅威を識別、
ビジネス・プロセスや業務手順を管理して、法令遵守を促進“

【2004年9月27日 米国カリフォルニア州サンノゼ発】

データベースの脆弱性評価および継続的なデータベースリスク監視の革新的なシステムを提供するアイピーロックス社は本日、Western Corporate Federal Credit Union (以下WesCorp)がIPLocksのデータベース・セキュリティ・システムを採用したことを発表しました。WesCorpは、エージェントを必要としない自動的かつスケーラブルなアクセス管理およびリアルタイム通知により、効果的なデータベース・セキュリティやITガバナンスを実現していきます。

北米最大手の信用組合であるWesCorpは、資産が240億ドルを上回り、およそ1000の信用組合および信用組合協会に対して、投資、融資、資金運用の支払いや譲渡サービスなどを提供しています。WesCorpは当初、他の大組織と同様、ネットワークへのアクセスを制限するファイヤーウォールや、ネットワーク・トラフィック・ログから不正アクセスを企てるハッカーを検知するIDS(侵入探知システム)など、伝統的なネットワーク・セキュリティに投資を行っていました。WesCorpのエンタープライズ・セキュリティ・サービス部門でチーフ・インフォメーション・セキュリティ・オフィサー兼ディレクターを務めるクリストファー・ホフ氏は「データベースと資産のセキュリティ、完全性、可用性を確実にするには、誰がどのデータにアクセスしたかを監視する仕組みが抜けていた」と指摘しています。

ネットワークベースのスキャニングや脆弱性評価ツールでは、アプリケーション、オペレーティング・システム、データベース・アプリケーションのレベルでの脆弱性の検知は容易ではありませんでした。IPLocksのデータベース・セキュリティ監視・評価・監査システムを利用することにより、WesCorpは、これらのツールでは実現できなかった細かいレベルでの脆弱性評価を行うことができます。さらに、WesCorpはアクセス管理、データベース構成の変更管理、全てのデータの動きを追跡して、「誰が」「どの情報に」「いつ」アクセスしたかを把握することで、Gramm-Leach-BlileyやBank Secrecy Actといった業界規制を遵守できるようになりました。IPLocksのソリューションによりWesCorpは、機能的で適切な変更管理プロセスを保証し、運用に際してシステム上のリソース制限の把握を可能にします。

さらに、ホフ氏は「WesCorpは数十億ドル分の処理と大量の機密情報を取り扱います。これらデータの完全性、機密性、可用性を守ることが私たちの最重要課題です。IPLocksのデータベース・セキュリティ監視・評価・監査システムを利用することで、私たちは多くの利益を享受することができました。また、IPLocks はエージェントが不要であるため、透過的で導入に負荷がかかりません。私たちは既存システムとの統合を心配する必要がなく、インフラのリソースの問題もありませんでした。実際にWesCorpは顧客の財務情報が安全あることを保証するために、今、この瞬間も休まずデータベース・セキュリティ監査を行っているのです。」と語っています。

IPLocksは、データベース・セキュリティ・ポリシーの妨害や疑わしい変更、構造の整合性の変化、さらに承認されたビジネス手続きに基づくユーザー・アクセス・パターンの不審な行為を検知し、分析する為に監視を行います。また、膨大な量のトランザクション向けに設計されており、エージェントを使用しないで顧客の既存インフラの全主要データベースに対応したクロスプラットフォーム・データベースのサポートと高レベルなデータベースの監視・評価及び監査システムを提供します。IPLoY。cksは、データベースの参照および変更の検知と通知を自動化し、法令遵守したデータの機密保護、完全性、および可用性を保証する為に事象を記録/保存します。

「IPLocksはWesCorpのような金融機関が顧客情報プライバシーを保護するためのソリューションを提供することを約束します。業界アナリストによると、外部からのデータ攻撃の75%以上はアプリケーションを通して行われており、周辺のセキュリティ・メカニズムではもはや防御できなくなっています。 私たちのデータベース・セキュリティ監視・評価・監査システムは、データベース・セキュリティへのユニークなアプローチを提供し、高い拡張性、コストパフォーマンスでデータベースとアプリケーション・レベルにおける脆弱性を最小化します。」とIPLocksのCEOである坂本明男は語っています。

本文は、http://www.iplocks.com/docs/west_corp_release.docからご覧いただけます。
IPLocksについて
IPLocks社は、データベースの監視・評価・監査システムの先進的なプロバイダで、稼動中のデータベースを外部から監査するソフトウェアによりデータベースのセキュリティレベルを評価・監視し、データベース・セキュリティを強化するソリューションを提供します。IPLocksは、データベース・セキュリティと監視が必須とされる政府関係機関、監査サービス、金融機関、サービスプロバイダ等を情報の危機から守ります。


■本件に関するお問合せ先:

  • アイピーロックス ジャパン株式会社 マーケティング本部 大橋
  • 電話:03-3507-5805 電子メール: midori@iplocks.co.jp

IPLocksは、IPLocks Japan K.K.の商標です。本文中の商品名は、各社の商標または登録商標です。