HOME ソリューション 製品情報 イベント ニュース ケーススタディ 企業情報 パートナー
spacer.gif spacer.gif spacer.gif
【タイトル】プレスリリース
spacer.gif
spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif
   

報道発表

2005年1月21日
アイピーロックス ジャパン株式会社


アイピーロックス ジャパン、
DBセキュリティ・システムの最新版「IPLocks v4.3」を発表

〜 DB監視の内部処理の効率化実現。IBM DB2/UDB対応も大幅に拡大 〜

データベース脆弱性の評価および継続的なリスク監視、監査の革新的なシステムを提供するIPLocks Japan K.K.(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ市、プレジデント 兼 CEO:坂本明男)の日本法人であるアイピーロックス ジャパン株式会社(本社:東京都千代田区)は、データベース・セキュリティ管理ソフトウェアの最新バージョン「IPLocks v4.3」を、2005年1月31日より出荷開始することを発表いたしました。

「IPLocks」は、先進的なセキュリティ手法を駆使してデータベースの脆弱性評価、アクセスの自動監視、および監査を行い、データの破壊・改ざん・漏えいなどによる被害を極小化する新しいセキュリティ・ソリューションを提供します。このたび出荷を開始する最新バージョン「IPLocks v4.3」では、IPLocksのスレッドコントロールを改善することでシステムに与える負荷を軽減し、IPLocksサーバー(32ビット版)のパフォーマンスを向上しました。パフォーマンス向上は、v4.2からも本格的に取り組んでおり、今後も最優先の課題として継続して改善を行っていきます。

「IPLocks v4.3」では、運用面でのセキュリティ機能強化も実現いたしました。設定された監視ルールが、操作ミスや悪意の第3者により意図しない変更が行われた場合、その変更内容を検知してセキュリティ監視担当者へ直ちに通知します。これによりIPLocksに設定された監視ルールに基づき厳格なDBアクセスの監視が実行され、監査データも正しく蓄積します。

さらにIBM製品のDB2/UDBのサポートを強化しました。メインフレームとAIXで稼動するDB2/UDBの対応バージョンを拡大し、CVA(脆弱性評価)の対象となる項目を増やし広範囲な脆弱性評価が行えます。手続き型SQLのサポートも実装し、これにより主要なDBMS全てで手続き型SQLを使用した容易なセキュリティルールの組み込みを可能としました。

■ IPLocks製品特長

IPLocksは、先進的なセキュリティ手法を駆使し、データベースの正常性(データ内容、構造、アクセス権)とアクセスの正常性を監視するデータベース・セキュリティ・ソリューションで、既に、日本国内で約35社(2004年12月現在)が導入済みです。データベース・アクセスに関する不審な状況を「検出」「報告」「記録」することにより、データの破壊・改ざん・漏えいなどによる被害を極小化できる新しいセキュリティ・ソリューションを提供。また、データベースの脆弱性を定期的に評価し、問題点を検出するとともに、問題点の解決策も提供します。さらに、監視の状況をIPLocksの持つデータベースに記録することで、監査・分析が可能です。IPLocksの設計思想により、運用中のデータベースを変更することなく、ノン・イントルーシブに外部からデータベースの各種情報を読むだけで全ての機能を利用できます。このため、データベース性能への影響を最小限に抑えながら、低リスクかつ容易なデータベース・セキュリティ・ソリューションの導入・運用が可能となります。また、対象DBは、Oracle、DB2、Sybase、MS SQLServer、HiRDBとマルチデータベース対応でスケーラブルな運用が実現可能。Windows、UNIX、Linux、z/OS、AS/400とプラットフォームのマルチ対応も大きな特長です。

■価格

2004年12月1日より、IPLocksライセンス価格体系を大幅に見直し、同一構成なら最大約2分の1のライセンス価格で導入が可能となりました。 なお、PCサーバーに組み込んだアプライアンス・サーバーとして提供するため、詳細見積もりはストラテジックパートナーにお問合せください。

ストラテジックパートナーは、こちらをご参照ください。
http://www.iplocks.co.jp/partner/strategic.html

■出荷開始

2005年1月31日

■会社概要

社名: アイピーロックス ジャパン株式会社
設立: 2003年6月
資本金: 3,000万円(2004年10月現在)
役員: プレジデント兼CEO:坂本 明男
代表取締役会長:茂木 孝一
取締役:松本 孝利
本社: 〒100-0011東京都千代田区内幸町1-1-1 帝国ホテルタワー15F
連絡先: Tel 03-3507-5805(代) Fax 03-3507-5932
事業内容: 2002年に設立されたIPLocks Japan K.K.(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ)の日本法人として、2003年6月に設立されました。稼動中のデータベースを外部から監査するソフトウェアによりデータベースのセキュリティレベルを評価・監視し、データベース・セキュリティを強化するソリューションをパートナー企業経由で販売しています。

■本件に関するお問合せ先:

  アイピーロックス ジャパン株式会社 マーケティング本部 久我/大橋
  電話:03-3507-5805 電子メール: marketing-japan@iplocks.co.jp

 

※IPLocksは、IPLocks Japan K.K.の商標です。本文中の商品名は、各社の商標または登録商標です。