HOME ソリューション 製品情報 イベント ニュース ケーススタディ 企業情報 パートナー
spacer.gif spacer.gif spacer.gif
【タイトル】プレスリリース
spacer.gif
spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif spacer.gif
   

ご参考資料

2005年11月2日
アイピーロックス ジャパン株式会社
日本アイ・ビー・エム株式会社

アイピーロックス ジャパンと日本IBM、
情報漏えい対策ソリューションで協業

アイピーロックス ジャパン株式会社(本社:東京都千代田区)は、同社のデータベース・セキュリティ管理ソフトウェア「IPLocks(アイピーロックス)」を利用した情報漏えい対策ソリューションにおいて、本日より日本IBM(社長:大歳卓麻)と協業を開始します。

このたびの協業に基づき、アイピーロックス ジャパンは新たにIPLocksの内部データベースにIBM DB2を、内部アプリケーション・サーバーにIBM WebSphereをそれぞれ採用します。信頼性の高いIBM製品を採用することにより、堅牢で拡張性のあるシステムをお客様に提供します。
また、IBMのセキュリティ管理ソフトウェアであるIBM Tivoli Access Manager for Operating SystemsとIPLocksを併用することにより、OSからデータベースまでそれぞれのレイヤーにおけるユーザーのアクセスを追跡し、情報漏えい対策を行うことが可能となります。

アイピーロックス ジャパンは、日本IBMとの協業により、データベース・セキュリティ・ソリューションの普及に注力し、初年度100社のIBM DB2ユーザー企業へのIPLocks導入を目指します。

日本IBM、日本IBMのビジネスパートナーおよびアイピーロックス ジャパンのビジネスパートナーは、IBMのIAサーバーであるIBM eServer xSeriesやBladeCenterとIPLocksを組み合わせた情報漏えい対策ソリューションを提供します。

また、両社は共同でセミナーなどのプロモーション活動も実施する予定です。

IPLocksは、IPLocks Japan K.K.の商標です。
IBM、DB2、WebSphere、Tivoliは、IBM Corporationの商標または登録商標です。

■IPLocks 製品特長
IPLocksは、先進的なセキュリティ手法を駆使し、データベースの正常性(データ内容、構造、アクセス権)とアクセスの正常性を監視するデータベース・セキュリティ・ソリューションです。既に、日本国内で約100社が導入済みです。データベース・アクセスに関する不審な状況を「検出」「報告」「記録」することにより、データの破壊・改ざん・漏えいなどによる被害を極小化できる新しいセキュリティ・ソリューションを提供します。また、データベースの脆弱性を定期的に評価し、問題点を検出するとともに、問題点の解決策を提供します。さらに、監視の状況をIPLocksの持つデータベースに記録することで、監査・分析が可能です。IPLocksの設計思想により、運用中のデータベースの各種情報を読むだけで全ての機能を利用できます。このため、データベース性能への影響を最小限に抑えながら、低リスクかつ容易なデータベース・セキュリティ・ソリューションの導入・運用が可能となります。価格は、ソフトウェア一式で150万円からになります。

■アイピーロックス ジャパン株式会社 会社概要
2002年に設立されたアイピーロックス社(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ)の日本法人として、2003年6月に設立されました。稼動中のデータベースを外部から監査するソフトウェアによりデータベースのセキュリティレベルを評価・監視し、データベース・セキュリティを強化するソリューションをパートナー企業経由で販売しています。
http://www.iplocks.co.jp/

■本件に関するお問合せ先:
 アイピーロックス ジャパン株式会社
 マーケティング本部 大橋/須田
 電話:03-3507-5805   電子メール:marketing-japan@iplocks.co.jp

 日本アイ・ビー・エム株式会社  広報 金子
 電話:03-5563-4310   電子メール:kazk@jp.ibm.com